2017年6月21日水曜日

クローゼットの中の衣装ケースを買い替えました

今まで使っていた衣装ケース


2階寝室のウォークインクローゼット↓


この中で使っている衣装ケースと、

2階北側洋室のクローゼット↓で使っていた衣装ケースを、


少し前に買い替えました。

今まで使っていた衣装ケースは、結婚した時に買い揃えた無印良品のもので、

(寝室のウォークインクローゼット↓)


(洋室のクローゼット↓)


変形したり、変色していました。

特にウォークインクローゼットの衣装ケースは、旧居で上に重たい物を載せていたので変形がひどく、開けづらくなってしまいました。

開閉する度に不便に感じていたので、5月の楽天市場のお買い物マラソンで新しく衣装ケースを購入しました。


新しい衣装ケースはアイリスオーヤマ!


新しく購入した衣装ケースはアイリスオーヤマ製のこちらです。

寝室のウォークインクローゼットには、奥行き55cmの4段引き出しのものを3台、

2台セット売り↓


1台単品売り↓


洋室のクローゼットには、奥行き74cmの3段引き出しものを2台購入しました。

2台セット売り↓


1台単品売り↓



実際に置いた写真がこちらです。

まずは寝室のウォークインクローゼットから↓


洋室のクローゼットはこんな感じになりました↓


この衣装ケースに決めた理由は、私の実家で同じメーカーのこちらの衣装ケースを愛用していて、



開け閉めのしやすさに感動したからです。

金属レールを採用しているので、


とってもスムーズに引き出しを開閉できます。

実家では天板が木目柄のモノを使っていましたが、よりプレーンなデザインが良かったので、我が家は天板がライトグレーのタイプを選びました。


無印良品の衣装ケースは半透明の引き出しなので、中にしまったモノの色が見えていましたが、こちらは不透明のホワイトの引き出しなのでそういったことがなく、見た目がすっきりしました。

テプラで作ったラベルを引き出しに貼りました。


我が家ではこちらのテプラを使っていますが、


最近スマホで文字を打って印刷できるラベルライターがあることを知りました。


こちらも便利そうで良いな。。。


<追伸1>

不要になった服は、フクウロさんの宅配買取サービスがおすすめです!



私がフクウロさんは利用した時の記事はこちら


<追伸2>

私が家づくりをした時は工務店さんを何軒もハシゴして相見積をとったので、とても大変でした…

こちらの家づくり支援サイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けるそうです!
自宅にいながら建築会社や間取りの比較検討ができますよ!



大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!


2017年6月10日土曜日

育てやすい観葉植物と難しい観葉植物

我が家では以下の8つの観葉植物を室内で育てています。
  • ポトス
  • アイビー
  • エバーフレッシュ
  • ポリポジウム・オーレウム・ブルースター
  • チランジア(エアープランツ)
  • アジアンタム
  • フィカス・ベンガレンシス
  • エケベリア(多肉植物)

一概に観葉植物と言っても本当に様々で、水をあげる頻度も違いますし、光がそんなに当たらくても元気な植物があれば、そうではない植物もあります。

そこで8つの植物の中で育てやすいと感じる植物と難しいなと思う植物を紹介したいと思います。


育てやすい植物


まず育てやすい植物として一番に挙げるのがアイビーです!


アイビーは暑さ寒さに強い植物で、室内だと1年を通じて新しい葉っぱが出てきます。

成長が早くどんどん伸びるので、季節を問わず剪定をしています。その際はどこで切っても問題なく新芽が出てきます。

近くに窓がない場所でもとても元気に育ってくれています。

水やりの頻度は今の時期だと2〜3日に1回程度ですが、水切れしてもすぐに枯れてしまうということはありません。


次に育てやすいのはポトスです。



ポトスは日陰に強い耐陰性に優れた植物なので、窓際に置かなくても大丈夫です。

逆に直射日光にあたると葉焼けを起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。

家の中で直射日光あたる場所は限られるので、耐陰性のある植物の方が置き場所に困りません。

こちらもアイビー同様で水やりを少し忘れてしまっても、すぐに枯れてしまうことはありません。

ポトスは冬に成長が止まるので、春に剪定をするようにしています。根元から2節残せば大胆に剪定しても、しばらくすると新芽が出てきてくれます。

考えてみるとアイビーとポトスはどちらも昔から大定番の観葉植物で、いろいろな場所でよく見かけます。長い間人気があるのは育てやすいのも理由の1つなんだと思います。


エバーフレッシュも育てやすい方だと思います。


エバーフレッシュの葉は夜に閉じて昼間は開きます。

水が足らなくなると昼間でも葉っぱが綺麗に開かなかったり、だらーんとしてくるので分かりやすいです。水をあげると復活します。

冬場は成長が止まりますが、暖かい時期には次々に新芽が出てきてぐんぐん成長します。



葉っぱが細くて夜閉じるので、ホコリが付着しづらく管理がしやすいです。


育てにくい植物


これは私の主観なのですが、水をほとんどあげなくても大丈夫と言われる植物が逆に難しく感じます。

例えば土が必要ない植物、エアープランツのチランジアです。


エアープランツは夜露で水分を得る植物なので、夜に時々霧吹きで水をあげないといけません。

土が乾くなどの見た目の変化がないし、間隔があきすぎて前回いつ水をやったかを忘れがちになってしまいます。
昼間に今日は水をあげようと思っていても、夜になると忘れてしまうことも結構あって、1つ枯らしてしまいました。


同じくあまり水をあげなくても良いと言われている植物のもう一つ、多肉植物のエケベリアも手こずってます。


エアプランツのように枯らすまいと手帳に水をやる日をマークして、2週間に一度の水やりを守っていたのですが、この季節はもう少し頻繁に水やりをした方が良かったのか、今はこんな姿に…


購入した時からついていた子株が干からびてしまいました。


そして徒長しまくり。。。

徒長とは植物が間延びした状態で育ってしまうことで、多肉植物は日光が足らないとこうなってしまうそうです。

当初は窓がすぐ横にある明るい寝室のTVボードに上に置いていたのですが、


これでも光が足らなかったみたいです…

今は窓枠に移動しています。


続いて水をいっぱいやらくてはいけなくて大変なのはアジアンタムです。


1日でも水をやり忘れると、葉の一部がカラカラに干からびてしまうことがあります。

しかも一度干からびた葉っぱは復活しないので、切るしかありません。

新しい葉っぱもそれなりに出てくるので全体のボリュームを保っていますが、成長を楽しむというよりは現状維持をするのが精一杯な感じです(^_^;)

手のかかるアジアタムですが葉っぱの美しさはピカイチで、見た目は1番好きです。


育てやすい植物3種、育てにくい植物3種を挙げましたが、残りの2種類のポリポジウム・オーレウム・ブルースターと、


フィカス・ベンガレンシスは、


その中間の難易度かなと感じています。


<追伸1>

今回育てやすいとご紹介した観葉植物2種と中間の難易度の観葉植物1種を、楽天市場で販売されているのを見つけました。
参考までにご紹介です!

◇アイビーの鉢植え



◇エバーフレッシュ(フロアサイズの大きめです)



◇フィカス・ベンガレンシス(樹形選べます!)




<追伸2>

私が家づくりをした時は工務店さんを何軒もハシゴして相見積をとったので、とても大変でした…

こちらの家づくり支援サイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けるそうです!
自宅にいながら建築会社や間取りの比較検討ができますよ!



大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!


2017年6月7日水曜日

インテリアグリーンの水浴び

今日はお仕事がお休み!だけどどんより曇り空。。。

そこで観葉植物を外のデッキタイルに出して水浴びをさせました。


なぜ曇の日にするかと言うと、普段室内の柔らかい光で植物を育てているので、急に外の強い直射日光を当てると弱ってしまう品種もあるからです。

今回水浴びをさせたのは鉢に底穴のある植物です。

上の写真で手前から、

  • エバーフレッシュ
  • ポリポジウム・オーレウム・ブルースター
  • フィカス・ベンガレンシス(ゴムの木)

の3つです。

特にエバーフレッシュは環境の変化に弱いそうなので、直射日光には注意が必要です。

植物を外に出す前にデッキタイルに水をまいて、チリやホコリを洗い流しています。手軽に洗えるデッキタイルを作って良かったと実感します。

植物を水浴びさせるさせる理由は主に以下の3つです。

  • 葉についたホコリを落とす
  • 葉水をたっぷり与えるため
  • 葉ダニの防止

我が家の木は今のところは大丈夫ですが、ゴムの木は葉ダニが付くこともあるそうです。葉ダニは水に弱いので葉水をたっぷり与えるのが予防法です。

水浴びをした後の葉っぱはグリーンが鮮やかになるので、見た目では分からなくても結構ホコリがのってたのかな…


葉水を与える時は水圧で葉を傷めない様に、ホースのノズルの設定をキリにしています。


鉢の方にも底穴から水が沢山出てくるまで、たっぷり水やりをします。

鉢皿も綺麗に洗いました。


本当はこの後このまま外にしばらく置いて植物に風をあててあげると良いのかもしれませんが、虫が付くのが嫌なので(大の虫嫌い…)、植物を揺らして滴り落ちる水を一通り落とすとすぐに室内に撤退です。


風通しの良い窓辺にしばらく置いて水浴び完了です!

心なしか植物達が水浴び気持ちよかったよ~と言っているような気がします(^_^)


掃除の時もそうですが、こういったメンテナンスをする時にも、キャスター付き植木鉢トレーを購入して良かったです。


<追伸1>

すっかり暖かくなってきた今日この頃。クローゼットの整理はお済みでしょうか?
不要になった服は、フクウロさんの宅配買取サービスを利用するのはいかがですか?



私がフクウロさんは利用した時の記事はこちら


<追伸2>

私が家づくりをした時は工務店さんを何軒もハシゴして相見積をとったので、とても大変でした…

こちらの家づくり支援サイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けるそうです!
自宅にいながら建築会社や間取りの比較検討ができますよ!



大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!



2017年6月3日土曜日

物干し竿は伸縮しないタイプがオススメです!・梅雨入り前の庭

サイズオーダーができる物干し竿


以前にも記事にしたのですが(その時の記事がこちら【注文住宅】洗濯物干し場はあればある程良い!!)、我が家では洗濯物を主に1階の掃き出し窓の前で干しています。

そこでは伸縮式の物干し竿を使っているのですが、沢山の洗濯物を干すと伸縮機構の部分が曲がってしまうのが気になっていました。


この物干し竿、確か今の家に引っ越した翌日に、急いで近所のお店で購入したんだっけ、、、

まだまだ使えるので2階のベランダで使うことにしました。


ベランダには1本しか物干し竿がなかったし、1階ほどは大量には干さないので曲がりも気にならないかなということで…

そして新しく購入した物干し竿がこちら


伸縮タイプではない物干し竿にしました!

こちらのお店はカットが無料とのことだったので、3.3mの長さにしてもらいました。



ちなみに我が家が注文した3.5m以外にも以下の長さ展開があり、それぞれで価格が違います。



新しい物干し竿もたわみはしますが、以前使っていた伸縮タイプに比べるとしっかりしていて安心感があります。

伸縮機構部のプラスチックパーツがなく、ポールの太さが途中で変わらないので、見た目もスッキリしました。

我が家は価格にひるんでしまい購入しませんでしたが、強度も見た目も格上なステンレス製の物干し竿もありました。



端部のキャップも素敵そうです。
最長6mまで販売していて、長尺に耐える強度を実現と商品ページに記載があるので、それだけ強度に自信がある商品なのかな…



実際に購入した訳ではないので、使用感は書けないのですが、気になる商品だったのでご紹介しました!


梅雨入り前の庭


6月に入り関東地方はもうすぐ梅雨入り。。。

庭や玄関先に置いたプランターの植物がとても元気です。


ロータスブリムストーンに白い花が咲きました。


カラーリーフを楽しむ植物だけど、お花も可憐で綺麗です。

振り返ってみると、冬にはこんなに葉っぱを落としていたので、


見事に復活してくれました。


コニファーやシルバーリーフのプラスティーナと一緒に鉢植えにしたスーパーベル・ダブルブルーもいっぱい花をつけています。


ただコニファーがこの時期はもっとグリーンになっていた気がするのですが、今年は黄色が強いのが気になります。。。

プラスティーナはめきめきと巨大化してます(^_^;)

使用しているプランターはこちら


同じプランターにシルバー系のコニファーやプラスティーナ、斑入りのワイヤープランツと一緒に植えたスカビオサも元気に咲いています。


スカビオサは一時期あまり花を咲かせなくなってしまったので、ガーデニングの大先輩の母に相談したら、肥料が足らないんじゃない?とアドバイスをもらいました。

そこで液体肥料の花工場を週に1回、水で薄めてあげるようにしたら、とても元気に沢山花が咲くようになりました。



一番最近植えた日々草も、


安定的に花が咲いて嬉しいです。


お詫び


少し前に外用ホウキを購入し、届いてすぐにこのブログでご紹介しました。(その記事は既に削除しています)
そのホウキを後日使用してみると、使い物にならないという程ではありませんが、少し使いづらい部分があることが分かりました。
今後は自分が購入したものについて記事にする際は、実際に使用してからご紹介したいと思います。申し訳ありませんでした。


<追伸1>

私が家づくりをした時は工務店さんを何軒もハシゴして相見積をとったので、とても大変でした…

こちらの家づくり支援サイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けるそうです!
自宅にいながら建築会社や間取りの比較検討ができますよ!



大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!




<追伸2>

引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。
こちらのサイトではサカイ引越センターさんやアート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりを依頼することができるそうです!